ぼんやり日記

Before Sunset

b0069139_11405242.jpg
監督: Richard Linklater
製作年:2004年
Ethan Hawke, Julie Delpy


この映画は1995年のBefore Sunrise(邦題:恋人までの距離(ディスタンス))のその後の物語。前回の映画では、ちょっと投げやりな感じのアメリカ人青年Jesseと、フランス人学生Celineの文字通り夜明けまでの時間を美しいウィーンの街並みを歩きながら過した。その中でお自分のこと、死について、愛についてなどをとりとめも無く思いのままを話すうちに、お互いが惹かれていく若者が描かれてあった。あれから9年後、二人はどんな暮らしをしているかが映画で明らかにされる。

この映画では新しい試みがなされている。映画が始まってから終わるまで、ずっとリアルタイムで撮られており、映画の中ではほとんどすべてといっていいほど二人の会話である。今度はパリの街並みを二人が歩くわけであるが、時間と共に変わっていく光なども考慮に入れながら、音も会話も途切れることなく収められている。高度な技術が要求される映画である。限られた予算の中で作品を仕上げたらしく、なんと撮影期間は2003年の9月に2週間だけだったそうだ。

技術的なことはさておき、この二人の芸達者な俳優の演技がまた優れていた。演技が自然でこれは本当に映画なのだろうかと疑ってしまいたくなる程である。Delopyいわく、すべてリハーサル通りで、アドリブはないというから驚きである。

調べてみると、映画の台本はこの俳優二人も加わって作られたとか。そういえば、Hawkeの役は一見幸せそうに見える家庭であるが、実はそこには愛のない結婚生活で、離婚しないのはかわいい一人息子のためだたとか。私生活の彼をちょっと想像させる設定である。

アメリカではこの映画は一部の映画館でしか上映されなかった。こういう、低予算でも中身のあるしっとりとした映画がもう少し増えるといいのではあるが、ハリウッドでは受けないのだろう。80分という短い映画であったが充実していた時間が過ごせた。
[PR]
# by greengage | 2004-08-11 11:37 | 映画


若葉の季節になりました
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31